TONEe22を実機レビュー!5Gに対応した最新モデルがお手頃価格で購入できる!

2022年6月1日にトーンモバイルから最新モデルTONEe22が発売されました。

TONEe22の特徴
  • 5Gに対応したエントリーモデル
  • 大型ディスプレイを搭載
  • トリプルカメラを搭載
  • ワイヤレス充電に対応

今までのTONE for Androidプランで選べる機種は、TONE e21 rev.2のみでした。

2022年6月1日からは

  • TONEe22
  • TONE e21 rev.2

の2機種から選択できるようになりました。

TONEe22を選びたいけど、どんなスマホなのかわからない人もいるはずです。

そんな人のためにこの記事では、TONEe22の実機レビューしていきます。

タップできるもくじ

TONEe22の本体価格は?TONE Laboって何?

引用元:トーンモバイル公式サイト
機種名本体価格詳細
TONE e2232780円トーンモバイル公式サイト

TONE Laboに参加することで32780円→21780円に割引されます。

TONE Laboとは?

スマごま

TONE Laboに参加すると月々の利用料がかかるんじゃないの?

無料で参加できますよ。

TONE Laboとは、TONEe22から利用できるようになったユーザーが参加する実証実験プロジェクトです。

  • TONE Care
  • TONE Coin
  • アンチフィルターバブル

の3つのプロジェクトがあります。

TONE Laboに参加できるのは、TONEe22ユーザーだけです。

引用元:トーンモバイル公式サイト

2022年7月28日現在で稼働しているプロジェクトは

  • TONE Care
  • TONE Coin

の2つ。

TONE Careは、スマホから医師にオンラインで無料で健康相談ができるサービス。

無償チケットで予約すれば無料で相談できます。

TONE Coinは、充電中にプログラムを起動させるとTONE Coinが貯まるシステム。

充電中だけでなくバッテリーの減りは早くなりますが、常時プログラムを稼働させておくこともできます。

また、2022年夏以降には貯めたTONE Coinがトーンモバイルの支払いに利用できるようになる予定です。

アンチフィルターバブルは、今後公式サイトでお知らせがあるそうです。

⇒TONEe22を購入してTONE Laboに無料参加する

TONEe22を開封

公式サイトで公表されている付属品は

  • SIM取り出しピン
  • 置くだけサポート

の2つ。

箱を開けてみるとTONEe22本体の他に

  • SIM取り出しピン
  • 保証書
  • 安全ガイド

が同梱されています。

置くだけサポートは、箱に内蔵されています。

ACアダプターとケーブルは付いていないので必要な場合は、購入しなければいけません。

一部の機能が自動修復ができる置くだけサポート

置くだけサポートが自動修復できるのは

  • 機内モード
  • インターネット接続
  • キャッシュ削除
  • アカウント設定

の4つの項目です。

やり方はとても簡単で箱の上の枠内にTONEe22を置くだけ。

外観とデザインをチェック

本体は、164.7×76.5×8.9mm/191gと大きめのサイズですが、持ってみると薄く感じます。

幅が76.5mmと広めなので片手での操作はほぼ無理です。

スマホケースやストラップなどのアクセサリーを利用するのがおすすめ。

購入時に安心オプションを一緒に契約するとクリアケースがもらえます。

ボディカラーはZenWhiteの1色のみ。

サラッとした仕上がりで手触りが心地よいです。

右側面
左側面

左側には、音量ボタンと電源ボタンを搭載。

電源ボタンには、指紋センサーが内蔵されています。

上部

スピーカーを搭載。

下部

SIMスロットとType-Cコネクタ、スピーカー、マイクを搭載。

TONEe22はステレオスピーカーなので、迫力のある音を楽しめます。

6.67インチの大型ディスプレイを搭載

FHD+に対応した6.67インチの大画面ディスプレイを搭載。

上部中央にパンチホールを採用しているのでノッチがなく画面がスッキリしています。

指紋認証と顔認証に対応

生体認証は、指紋認証と顔認証に対応。

指紋センサーは、側面の電源ボタンに内蔵されています。

認証精度と解除スピードは、指紋認証と顔認証ともに、ロック解除がスムーズです。

状況によって使いわけることができるのでストレスがありません。

nanoSIMとeSIMに対応

SIMは、nanoSIMとeSIMに対応。

eSIMは2022年中に提供開始予定です。

上側
下側

カードトレイは、上側にSIMカードと下側にSDカードを1枚ずつセットする珍しいタイプです。

目次に戻る

TONEe22 スペックと性能

TONEe22のスペック詳細

スクロールできます
TONEe22
本体サイズ164.7×76.5×8.9mm
質量191g
ボディカラーZenWhite
対応OSAndroid 11
CPUMediaTek Dimensity 700
5G対応
内部ストレージ128GB
RAM6GB
外部ストレージSDXC A1 最大512GB
バッテリー4000mAh
ディスプレイ6.67インチ
2400×1080 FHD+
アウトカメラトリプルカメラ
4800万画素
800万画素
200万画素
インカメラ1300万画素
SIMカードサイズnanoSIM+eSIM
認証機能指紋認証:対応
顔認証:対応
USBポートUSB Type-C
防水/防塵非対応
イヤホンジャックなし
おサイフケータイ非対応
付属品SIM ピン
置くだけサポート

5Gに対応したエントリーモデル

CPUは、MediaTek Dimensity 700を搭載。

5Gに対応したエントリーモデル向けです。

日本で発売されているMediaTek Dimensity 700を搭載しているスマホは

などがあります。

MediaTek Dimensity 700の処理性能は高くありませんが、メールやSNS、Web検索などの普段使いなら特に問題なく使えます。

負荷の軽いゲームならプレイできますが向いていません。

ゲームをプレイしたい場合は、ミドルレンジモデル以上のスマホを選んでください。

また、動画を視聴するにはWi-Fiに繋ぐか動画チケットを購入する必要があります。

ベンチマークの結果は以下の通り。

エントリーモデル向けながら総合スコアは36.5万点。

TONEe22は、TONEe21と比較すると大幅にアップしています。

普段使いなら快適に利用できて、軽いゲームなら問題なくプレイできるスコアです。

ROM・RAM・外部ストレージはミドルレンジモデル並の容量

ROMは128GB、RAMは6GB。

ミドルレンジモデル並の容量でこれだけあれば十分です。

外部ストレージは、最大で512GBに対応しているのでアプリや写真をたくさん保存する人は利用した方がいいですね。

ROMと外部ストレージを合わせると容量が640GBになるのでほとんどの人は、容量不足を心配する必要がないでしょう。

4Gの速度は思ったよりも速め?

平日の18:00ごろ速度を測定してみた結果、普通に使えるくらいのスピードは出てました。

念のために違うアプリでも計測してみると、

普段使いなら問題ない速度が出ています。

しかし、これだけの速度が安定しているわけではありません。

トーンモバイルは、時間帯や場所で速度に違います。

回線の混雑状況によっては、同じ時間帯でも曜日が違うと速かったり、遅くなったりします。

なので、家でTONEe22を使うときはWi-Fiに繋げば動画を見ることができます。

状況に応じて一番使いやすい選択をしましょう。

5Gに対応してるけど速度は不安定?

TONEe22は、エントリーモデルながら5Gに対応してます。

5G対応のエリアで速度を速度を16:00ごろ計測してみた結果、場所によって速度が大きく違いました。

アップロードはそれなりに安定していましたがダウンロードが爆速だったり、4Gの中速と変わらなかったりと安定していません。

5Gがさらに普及するか5GSAのサービス提供が始めればもう少し安定するのかもしれませんね。

トーンモバイルの5GSAのサービス提供開始時期は未定です。

目次に戻る

トリプルカメラを搭載

TONEe22は、トリプルカメラを搭載。

カメラ構成は以下の通りです。

アウトカメラ画素数
標準カメラ4800万画素
広角カメラ800万画素
深度センサー200万画素
インカメラ画素数
ピンホールカメラ1300万画素

AIが自画撮り被害を防ぐTONEカメラを標準カメラに対応。

専用のアプリを使う必要がありません。

実際にTONEe22のカメラで撮影してみた

標準カメラ
超広角カメラ
2倍ズーム
4倍ズーム

ズームは、最大で4倍。

ポートレートモードOFF
ポートレートモードON

ポートレートモードで撮影しました。

ぼかし具合は調整できません。

0.5m〜2mの距離ぐらいがちょうど良いぼかし具合で取れるそうですが慣れないと難しいかもしれません。

夜景モードOFF
夜景モードON

夜景モードで撮影しました。

夜景モードは、画像は荒めですがそれなりにはくっきりとした写真が撮れます。

カメラ性能は、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

こだわりがなければ十分ですね。

目次に戻る

4000mAhの大容量バッテリー ワイヤレス充電と急速充電に対応

TONEe22のバッテリー容量は4000mAh。

外出時でも、バッテリー切れを心配しなくてもいい容量ですね。

ワイヤレス充電と急速充電PD3.0に対応しています。

同梱品には、充電に必要なACアダプターとUSBケーブルは付いていません。

実際に、1時間でどれだけ充電できるか、0%からフル充電するのはどれだけの時間がかかるか試してみました。

  • 1時間ほど充電すると45%増
  • 0%→フル充電にかかる時間は約135分

ワイヤレス充電や急速充電したい場合は、それらに対応した充電器やUSBケーブルを購入しなければいけません。

目次に戻る

Oneファミリーに新機能が追加!

チャット機能や居場所確認、歩きスマホ検知などの見守り機能を備えているOneファミリー。

Oneファミリーに通話料無料の通話機能が追加されました。

今後は、通話で直接居場所や何をやっているか聞くことができます。

目次に戻る

TONEe22実機レビューまとめ

TONEe22を実機レビューしました。

エントリーモデルですが普段使いなら問題なく利用できます。

トーンモンバイルを検討中で最新モデルを使いたい人には、TONEe22がおすすめ。

一番重視するのはコスパという人は、お手頃価格のTONE e21 rev.2を選びましょう。

TONEe22のいいところ
  • TONE Laboに参加で価格が安くなる
  • 機能が充実している
  • 5G SAに対応予定
  • TONEカメラが標準カメラに内蔵
TONEe22の残念なところ
  • 防水/防塵に非対応
  • おサイフケータイに非対応
  • イヤホンジャックがない

注目ポイントは、TONEe22ユーザーだけが参加できるTONE Laboです。

2022年7月28日現在では、TONE CareとTONE Coinが稼働中。

今後が楽しみです。

TONEe22を実機レビュー!5Gに対応した最新モデルがお手頃価格で購入できる!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできるもくじ